梅雨入りが発表された本日、
雨天との天気予報が幸いなことに、
はずれてくれたので傘を差さずに外出です。

訪れた実家では、89歳になる父が丹精込めて咲かせている
紫陽花がとても綺麗に咲き誇っていました。

それまで、咲いていたピンク・白などのサツキは真新しい鹿沼土に
植え替えられていて、すべて別の場所に移動され、
旬な花・・紫陽花さんとすっかり交代です☆
NEC_0087

大輪の薄紫色の紫陽花は薄曇りのお天気にとっても引き立っていました。

NEC_0086

あら・・ら、、
ちょっとピンボケですが、失礼いたします~☆

6年前の母の日に、バスケット入りの小さなブルー紫陽花を贈りました。

その時の紫陽花は地植えにせず、鉢植えで育てられています。

毎年、花が終わるとすべての鉢を植え替えて、
そして毎年花芽を挿しては根付かせて、
その紫陽花はなんと、、今では10鉢となっています。

その作業は聞いていると本当に大変・・☆と思うのですが、
父は手間暇を惜しまず、大切に花・木を育てることが本当に大好きなのです。

NEC_0084


NEC_0089

シンビジュームやクンシランも年代物なのですが、毎年毎年咲かせています♪

肥料は、父独自のブレンドもので最高に効き目があるので、
なくなるとたくさん頂いています☆

ちょっぴり頑固ものの父は、
花を何より手を掛けて、愛で・・花・木の心が
本当に良くわかる、とびっきりな花咲名人・・・!なのだと
確信し尊敬しています。


布花つくりの日々を送っている現在ですが、
父が尽くす花・木への想いなど幼少の頃からずっと観て
感じてきたことなどが、
手間暇を掛けて、布で花を咲かせるということの楽しさに
導いてくれたのだと思っています。

さて、ブログではすでにお伝えしてまいりましたが、
6月に開催いたします1Day  Lessonでは、アジサイをおつくりいただけます。
残席数は2席となっておりますのでお申込みはお早めに・・・☆

banner